最先端のSEO対策に強い会社なら大阪で見つかります

パソコンを使用している人達

SEO対策とターゲット分析

パソコンを使用している男性

SEO対策をおこなっていると、なんといっても悩みの種の筆頭になるのは、自社のウェブサイトに流入する際の検索キーワードを入力しているユーザー、いわば自社のターゲットにあたるユーザーを適切に想定するプロセスについてなのではないかと思います。
流入元となっている検索キーワードを、どんなユーザーが入力しているのかによって、その後のSEO対策や、ユーザーにとって魅力的なページの作り方など、さまざまな方針が変わってくるからです。
適切なターゲットを設定するためには、某G社のアナリティクスを上手に活用し、「検索キーワード」と「使用ブラウザ」「ユーザーの性別」「ユーザーの居住地域」などを掛け合わせてユーザー分析をおこなうことがポイントです。某G社のアナリティクスでは、複数のユーザー要素に対し、同時に検索をかけることができます。
たとえば流入キーワードの1位になっているキーワードと、2位のキーワードとで、ユーザー層にどのような違いがあるのかを調べることによって、自社で提供している商品やサービスのどのような点がユーザーの魅力になっているのかが判断できれば、おのずとターゲットとなるユーザーも定めやすくなり、より適切にSEO対策がおこなえます。

MENU